【ブロガー必見】パソコンで長い文章を打つ時に楽する方法

便利技

Photo by Sergi Kabrera on Unsplash

説明書、仕様書、論文、ブログやSNSで公開する文章など、長い文章をタイピングするのって面倒だしミスしやすいですよね!

そんな時に少しでも楽する方法をご紹介します。ブロガーやライターの方におすすめの方法です。

やり方の概要

先にやり方の概要を説明しておきます。

  • 記号を一つ決める
  • 長い単語やよく出る単語が出てきたら、その単語の代わりに記号+アルファベット(または数字)を入力する
  • 文章を書き終えたら、記号+アルファベット(または数字)を本来の単語に一括置換する

以上です。
今イメージできなくても問題ないです!これから具体例で説明していきます。

まず始めに記号を1つ決める

後で置き換えの目印にする記号を1つ決めます。文章中に出てこない記号なら何でもいいです。

・@A、@B、@C、…
・$a、$b、$c、…
・[A]、[B]、[C]、…
などです。
3つめの [A] のように括弧で囲ってしまってもOK。文章中に同じ文字の並びが出てこないならなんでもいいです。

記号に単語を割り当てる

先程決めた記号に、打つのが面倒な長い単語を1つ割り当てます。この割り当ては後で使うので、メモの端にでも書いておいてください。

@A ・・・ 東京特許許可局
@B ・・・ グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国
@C ・・・ 大気圏突入

文章中に、単語の代わりに記号を打つ

文章力に長い単語を打たなきゃいけなくなったら、先程決めた記号を代わりに打ちます。

本日午後3時半頃、@Aが認定した@Bの宇宙開発局が代表となって進めてきたプロジェクト、@Cを行います。
@Bはこれを実現するまで莫大な投資を行ってきました。(以下略

例文がひどいのは置いておいて、こんな感じです。

記号を一括置換

記号を代わりに使って文章を作り上げ、キリの良いところで記号を一括置換します。
一括置換はテキストエディタなどを使います。

こんな風に、検索文字列に記号(@A)、置換後の文字列に元の単語(東京特許許可局)を入力し、すべて置換します。
0622
この置換機能はWindows標準のメモ帳です。置換メニューはショートカットキー【ctrl + h】で出ます。
他にもWord・Excelやフリーソフトのサクラエディタなど、文字入力系のソフトなら大抵出来ます。

一括置換するとさっきの例文もこの通り

本日午後3時半頃、東京特許許可局が認定したグレートブリテン及び北部アイルランド連合王国の宇宙開発局が代表となって進めてきたプロジェクト、大気圏突入を行います。
グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国はこれを実現するまで莫大な投資を行ってきました。

まとめ

  • 記号を決める
  • その記号に長い単語を割り当てる
  • 記号を使って文章を作る
  • 書き終えたら一括置換

文字入力する時間も減りますし、コンピュータが自動で置き換えてくれるのでタイプミスも減ります。
良ければ使ってみて下さい。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事