Pay-easyで納付書の支払いをネットで楽に済ませる方法

便利技

Pay-easy(ペイジー)って知っていますか?

Pay-easyは、家にいながら色んな料金を支払えるサービスです。
公共料金の支払いや国民年金の支払い、ジャニーズファンクラブの支払い、ネットショッピングの支払いなど、
2001年10月にサービス開始ということで特段新しいサービスではないですが、色んな支払いで使えて便利です。

この記事では、Pay-easyとは何か、その利点や、使うには何が必要か、を紹介していきます!

Pay-easyとは

Pay-easyとは、税金や公共料金などの各種料金を、インターネットから支払えるサービスです。
その名の通り、pay(ペイ:支払い)がeasy(イージー:簡単)になるサービスということですね!!

納付書や請求書に、このようなPay-easyマークがついていれば利用可能です。
(ちなみにこの画像は国民年金の納付書を撮影したものです)

Pay-easyの利点

  • 家にいても支払える
  • クレカを持てない18歳未満でも使える
  • 入金履歴を残しやすい

家にいても支払える

ネットから支払えるので、納入期限日のギリギリに『…払うの忘れてた!!』と気付いたとしても滑り込めるわけですね。
家から一歩も出ることなく支払えるので、人に会いたくない方やコンビニが遠い方にも優しいです。

クレカを持てない18歳未満でも使える

クレジットカードをまだ持てない18歳未満の方でもネットショッピングなどに使えます。
クレカは持てないけど支払いの場面が出てくる高校生にはピッタリですね。

入金履歴を残しやすい

現金で払うと「いつ、いくら」払ったのか把握しづらいです。
納入済み通知書(コンビニで払うともらうお客様控え)はもらえますが、紙で保管するのは面倒ですよね。

銀行口座からの支払いであれば入金記録が残って、オンラインからでも明細が確認できるので良いですね。
特にネットバンキングの取引明細は見やすいですしオススメです。

Pay-easyで支払える料金の例

  • 国民年金保険料
  • 住民税
  • 自動車税・軽自動車税
  • 携帯電話料金
  • チケット販売(イープラス、チケットぴあ)
  • メルカリ ATM払い
  • Johnny's net(ジャニーズのファンクラブ)

Pay-easyについて検索していたら知ったのですが、
ジャニーズファンクラブの支払方法がPay-easyに対応しており、2019年4月からは郵便振り込みからPay-easyに完全に切り替わったそうです。
ファンクラブ入会方法
公共料金がメインだと思っていたのですが、検索してみると本当に様々なインターネットサービスで利用されているようですね。
ジャニーズファンクラブもその一例として挙げさせていただきました。

Pay-easyを利用するのに必要なもの

銀行口座のみです!
(もちろん支払う料金がPay-easyに対応している必要はあります)

と思いきや、銀行口座を持っていなくても、ATMによっては現金の支払いも可能なようです。
Q:ATMでのペイジーによる支払手段は?

(ただし、家にいても支払えるメリットがなくなってしまうのでネットバンキングを使うことをオススメします)

対応銀行はPay-easy公式HPから検索することが出来ます。
ペイジーが使える金融機関

筆者はインターネットバンキングの楽天銀行を使っています。
ランクに応じてATM手数料が1回以上無料になりますし、給与や賞与の受け取りに使うと楽天ポイントも貯まるのでオススメです。

おわりに

以上、納付書をネットから払えるPay-easyの紹介でした。
期限ギリギリの納付書を抱えた方、家から出ないで支払いたい方、クレジットカード決済を使いたくない方、利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事