雑記

エンジニア系情報発信の【これまで】と【これから】の予想

2019/07/02

どうも、ぱやぱやです(@paya2_5routai)!

最近ITエンジニア界隈では、情報発信者・インフルエンサーがYoutubeに進出する動きが目立っています。

エンジニアはこれまで、同業者向けの発信が多かったように思います。
それが段々と、一般ウケを狙った方向にシフトしていってように感じます。

その変化について、自分の考えをまとめます。

※ここからの内容は、
お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな
…な内容になっています。取り扱いにご注意ください。

また、この記事内でエンジニアと、それ以外の方達を区別するため、
『エンジニア』 と 『一般の方』という呼び方をします。
エンジニアでない『一般の方』にもウケる内容 → 『一般ウケ』 です。
もっとこうZOZOスーツ並のピッタリフィットな呼び方があればいいんですが、とりあえずこれでいきます。

1.これまでの情報発信

これまでエンジニア達は、主に同業の初学者向けの技術入門とか、備忘録的な情報発信が多かったと思います。
私も今でもこういった記事に助けられながら、日々の業務をこなしてます。

しかしこれには問題があります。

同業者にしか届かない

まぁ当たり前ですね。
転職したい・案件獲得したいという場合ならそれでもいいと思います。
(むしろ有効)

これが今後も減っていくとは思いません。

ただ、情報発信達がPV数や動画の再生数とか数字を追っていくと、それだけじゃアカンとなっていくと予想。

その結果かわかりませんが、エンジニアの発信内容で一般ウケが強いのはこの辺かなと思います。

  • フリーランス
  • アフィリエイト、副業
  • 働き方改革、仕事術

このワードがどこから出てきたかというと、エンジニア出身インフルエンサーの方たちが主に発信している内容です。
技術関係ない話ですよね、やっぱり。

ちなみにこのブログでも、一番アクセス数多いのはエンジニアとかプログラミングとか関係ないこの記事ですからね笑

納入期限を過ぎた納付書でもコンビニで支払える(かも)

2.これからの情報発信

今後はさらに一般ウケを狙った情報発信が増えていくんじゃないかと予想します。
というか差別化するならソコを狙っていくしかないんじゃないかと。

で、最近エンジニア系YouTuberの中で、一般ウケしそうな内容の動画を上げた方たちがいらっしゃいます。
それがこの動画。

★KBOY ― 現役エンジニアによるTinder自動スワイプ講座

★くすたん ― 【ハッキングのやり方】現役エンジニアが教える、パソコンが苦手な人でもできるハッキング方法と対策3選

恐らく戦略だとは思うのですが、一般の方でも反応しそうなワードや話し方が散りばめられてるんですね。
Tinder、ハッキング、自動化、パスワードとか。

世間からの見られ方を意識していると感じます。

世間一般のイメージとは、根暗・理屈屋・服装がダサい・清潔感がないとかですね。
明るい髪色も話し方も、この辺りを意識されて作っているんじゃないのかなぁと同業者としては感じます。
(KBOYさんくすたんさんお疲れ様です★)

他にも今後もっと出てくるだろうなぁと思うのは、
作ったサービスを、作った本人がわかりやすく説明したり紹介する動画です。

作者が表に出てくるのは安心感ありますし、作者側で言えばサービスに対する熱も伝えられますしね(リスクもありますが)

今後のエンジニア系YouTuberに注目!!

3.おわりに

エロの力は偉大




-雑記