ネットバンキングとは?メリット・デメリットや金利・手数料を紹介します

ライフハック

ネットバンキングとは、インターネットを使った銀行の取引サービスのことです。

楽天銀行やジャパンネット銀行などのインターネット専業の銀行だけでなく、地方銀行でも利用することができます。
(ただし、ネット専業でないところは総合口座の開設がまずは必要であったり、居住地で限定されていたりするようです。詳細は「銀行名 ネットバンキング」で検索して、お持ちの銀行口座が対象か見てみてください)

目次

メリット

まずはメリットから。

  • 銀行やATMに行かなくてもいい
  • 24時間使える
  • 振り込み手数料が安い
  • 口座開設が簡単
  • 色んな支払いに使える

インターネットを使って取引するので、家から出る必要がありません
これは最大のメリットではないでしょうか。
また、窓口やATMみたいに、開いている時間帯を気にしなくていいですし、並ばなくていいのも嬉しいですね。
ただ単に残高確認したいだけでも、すぐに確認できるのはありがたいです。

振り込み手数料も、ATMを利用するより安いです。
手数料が無料な銀行や(回数制限はある)、ポイントで振り込み手数料を支払える銀行もあります。

また口座開設の方法も簡単で、基本的にPCやスマホから申し込みできます。
本人確認書類もケータイで写真を撮って送る方式が主流ですので、かんたんですね。

ネットショッピングなど、色んな支払いにも使えます。
特にPay-easy対応の支払いで使えるのは便利です。
Pay-easyについてはコチラの記事にまとめてあります。

Pay-easyで納付書の支払いをネットで楽に済ませる方法

デメリット

次にデメリットです。

  • ID・パスワードの管理が必要
  • 引落口座に指定できない場合がある
  • なんとなく怖い

インターネットのサービスなので、やはりID・パスワードの管理が必要になります。
開設の際はSNSなどのID・パスワードと同じものを設定しないよう注意しましょう
管理するものが増えるので、単純に面倒ですよね。

このようにインターネットを介すということで、「よくわからない」「なんとなく怖い」と感じてしまうデメリットがあります。
加入前に、『もし不正に出金されたらどう補償されるかのか』、各銀行のHPで確認しておくといいでしょう。

また、引落口座に指定できない場合があります。
家賃、水道料金、国民年金、月極駐車場など、ネットバンキングは引落対象外のものがほとんどです。

私も会計ソフトと連携している都合から、できれば家賃や駐車場代をネットバンキングから引き落としたいのですが、ほぼできません…。
楽天銀行のHPを見たところ、東京都の一部では公金の引落でも対応しているところもあるようですね。
口座振替(自動引落):利用可能企業一覧

たたし!
これは先程紹介したPay-easyに対応していれば、ネットバンキングからの支払いも可能です。
自動の引落しには対応していませんが、個別の支払いであればネットバンキングで出来ます。

代表的なネット銀行と金利・手数料

  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • イオン銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

などです。

ここであげた5銀行について、2020年3月現在の普通預金の金利と他銀行への振込手数料を調べてみました!

楽天銀行

普通預金の金利
通常:0.020%
楽天カード利用金額の引落があった翌月:0.04%
マネーブリッジ利用者:0.10%
(金利ページ:預金金利(定期預金他):個人口座)

他銀行への振込手数料
無料回数がない場合3万円未満の取引: 168円
無料回数がない場合3万円以上の取引: 262円
ハッピープログラム[ベーシック]:月0回無料
ハッピープログラム[アドバンスト]:月1回無料
ハッピープログラム[プレミアム]:月2回無料
ハッピープログラム[VIP]:月3回無料
ハッピープログラム[スーパーVIP]:月3回無料
(手数料ページ:振込手数料・支払手数料:手数料一覧(個人口座))

ジャパンネット銀行

普通預金の金利
100万円未満:0.01%
100万円以上:0.015%
(金利ページ:円預金金利)

他銀行への振込手数料
3万円未満の取引: 176円
3万円以上の取引: 275円
(手数料ページ:振込手数料)

イオン銀行

普通預金の金利
通常:0.001%
ステージ[ブロンズ]:0.03%
ステージ[シルバー]:0.05%
ステージ[ゴールド]:0.10%
ステージ[プラチナ]:0.15%
(金利ページ:預金金利(定期預金・普通預金))

他銀行への振込手数料
通常:220円
ステージ[ブロンズ]:月0回無料
ステージ[シルバー]:月1回無料
ステージ[ゴールド]:月3回無料
ステージ[プラチナ]:月5回無料
(手数料ページ:振込手数料とATMご利用手数料)

住信SBIネット銀行

普通預金の金利
通常:0.001%
SBIハイブリッド預金:0.010%
(金利ページ:円普通預金)

他銀行への振込手数料
無料回数以降:157円
スマプロ[ランク1]:月1回無料
スマプロ[ランク2]:月3回無料
スマプロ[ランク3]:月7回無料
スマプロ[ランク4]:月15回無料
(手数料ページ:振込・振替 ー手数料のご案内ー)

GMOあおぞらネット銀行

普通預金の金利
通常:0.001%
証券コネクト口座:0.110%
(金利ページ:円普通預金)

他銀行への振込手数料
無料回数以降:157円
カスタマーステージ[1テックま君]:月1回無料
カスタマーステージ[2テックま君]:月3回無料
カスタマーステージ[3テックま君]:月7回無料
カスタマーステージ[4テックま君]:月15回無料
(手数料ページ:振込手数料)

どの銀行もやはりランクによって変わってきます。
色々あって悩みますよね。
どの銀行を選ぶかは、どこでよくお金を使うかで選んだ方がいいと思います。
証券口座を持っている方は、お持ちの証券口座のブリッジ口座のネット銀行に預けるのが良さそうですね。

皆さんの参考になれば幸いです♪

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事