やる気を持続させるために気を付けること

ぱやぱやです。
私は現在会社員をしていますが、スキルアップや副業として仕事を得るためブログを書いています。

ですが、これを続けるのが非常に難しい!ほんとに難しい…(切実)
このブログのサイドバーを見てもらえばわかると思いますが、月別に見ると書いてないところがわかりやすいですね笑
ブログを始めてからもう2年経っていますが、2年でこの記事数(40~50個)というのは我ながらかなり少ないと思います。

そんな更新をサボってしまった経験から、どういうことに気をつければサボらずにやる気を持続できるか、書いていきたいと思います。
私の場合はブログですが、何か新しいことを始めようとしている方も対象に書いていきます。

同じような活動している人をフォローする

よく見るSNSで、目標としている人や自分と近いことをしている人をフォローして、その人が頑張っている姿を毎日見るようにして下さい。
自分もやらなきゃという気にさせてくれますし、書いている記事が自分の次に書く記事のヒントになったりもします。(丸パクリはダメですよ)

ここでの注意点は、上を見すぎないことです。
やる気が起きない時というのは、気分が沈んでいる時や自己評価の低くなっている時も勿論あると思うので、「お~やってんな~」くらいに見ておくといいです。

他の作業を平日に片付ける

「よしやるぞ!!」となっても、始めてみると他の作業が気になって捗らないことがあります。
他の作業とは、家事やプライベートの提出物や連絡などがそうです。
これらは出来るだけ、まとまった時間の取れない平日に処理しておくといいです。

会社員というのは本業があって、本業を片付けた後でやっと他のことに時間を使えます。
睡眠時間や家族構成にもよると思いますが、平日は1~2時間とれれば良い方ではないでしょうか。
少ない時間でも出来るなら良いですが、出来ない方は潔く諦めて他の作業を片付けた方がよいです。
考えなければいけないことが減れば、それだけしたいことに集中して出来ますし、
やる気を持続させやすくできます。

明確な数字の目標を立てて、期限をつける

終着点を決めることは大事です。
特にブログというのは書かなくても困るのは自分だけ、どうしても甘えが出てしまいます。
なので数の目標や期限をつけるのです。
その目標や期限は、スケジュール帳に登録したりして常に意識するようにして下さい。

やる気を持続させるにはある程度の縛りも必要です。
家族や仲の良い友人に、「ここまでやります」と他人に伝えておくのも良いですね。

始める前から細かいことを考えない

頭でっかちな人に多いパターンですが、
やる気はあるのに上手くやろうとするあまり何も手が付かないパターンです。
それを防ぐには、やはりまずやってみることです。
細かいことは期限と数字の目標だけでいいです、まずは手を動かしてそれから何が必要か考えます。

やる前に色々考えてしまうような人は、やり始めて間違いに気付いたらちゃんと修正していける人だと思います。
後の自分が修正してくれると信じて、まずはやってみましょう。

自分の性格を理解して、やり方を考える

ここは私の性格で、やる気を持続させる方法を紹介します。

私の性格は、好奇心旺盛で次々興味の対象が移っていき、
でも一度興味を持ったものは時間が経った後また興味が出てくるタイプです。

こんな性格ですので、1日にやる作業を1つに絞っていません。
別なことをしているうちに、また興味が戻ってくることを知っているので、
1つに絞らないで別な作業をしてやる気のサイクルを回します。

今まで自分は飽き性ではないことは自覚していましたが、何故か1つことを続けられませんでした。
そのことに疑問を持っていたのですが、好奇心旺盛な性格もあることを併せて考えた時に気付いたのです。
1つ絞らなくていいんじゃないか、と。それに気付いてからはこの方法でやる気を持続させています。

皆様も是非、自分と向き合って、どうしたらやる気が持続するのか考えてもらいたいです。
必ず自分に合った方法があるので、諦めずにやる気をスイッチ探してみて下さい。

おわりに

自分でどうにか出来る部分はどうにかして、工夫してやっていきましょう。
やる気を無駄にしないために。やる気スイッチがせっかく入ったのに、すぐ戻ってしまわないように。

私自身もまだまだやる気の持続は課題ですが(ブログの更新頻度を見ればわかる通りw)。
これを読んでくれた方の作業が捗りますように。

-