サラリーマンは月~金のどこを休みにするべきか

2018/08/06

どうも、ぱやぱやです。
主観的なお話。

月~金が仕事で土日が休みの一般的なサラリーマンは、有給をどこに取るかというのは重要なことだと思うのです。

例えば月を休みにしたとしたら
・周りよりも1日長く休んでいられる
・休日明け月曜のイヤな感じが少し和らぐ
・日曜夜に、空いている飲食店でのんびり出来る
というメリットがあります。
金曜休むのと変わらんだろと思えばそれまでなんですけど、
1日早く休むのか・1日長く休むのかは違う感覚だと思うのです。

また、金曜休みにして夕方から出掛けたとしても、
休みじゃない人も明日(土曜)は休みだからと金夜に遊びに出る人が多く、休みのメリットを活かし辛いんじゃないかと思うのです(主観です)

ただ!
土日の旅行に備えて早く寝たい・準備をしたいという場合は金曜を休みにするメリットがあります。
金曜ぎりぎりまで働いてから翌日旅行というのは、寝坊のリスクもありますしね。

準備のための金曜か、ボーナスタイムの月曜か…
(と、自分の中で勝手に定義しています)

月金以外にも、水曜を休みにするという手もアリだと思います。
2日働いて1日休むのは、安定したパフォーマンスを出しやすいと思うのです(主観です)
連休の特別感は無いと思いますが、休憩を少し長めに取っているような感覚で過ごせます。

人それぞれの感覚があると思いますが、自分のライフスタイルに合った休日のとり方をすれば、
休み中の時間の使い方も、仕事の集中度合いも変わっていくと思います。
QOL(生活の質)向上のために、考えてみてはいかがでしょうか。

-