話題の台湾天才IT大臣が行ったコロナ対策サイト修正の、ニュースに出てくるIT用語をわかりやすく解説してみた

ITリテラシー

まずはコチラのニュースをご覧ください。
「マジで胸アツ」台湾の天才IT大臣が東京都の新型コロナ対策サイトの修正に自ら参加し話題に

台湾のIT大臣、唐鳳(オードリー・タン)さんのニュースです。

この記事には色んなITの用語が出てきます。
エンジニアからすると日常でよく使う用語なのですが、エンジニアでない人からしたら意味がわからないと思います。

そこで!
各単語の意味を補足して、イメージしやすくします。
「なんか盛り上がってんなぁ〜」ぐらいに認識している方も、この記事を見て理解してもらえたらと思います。

出てくる単語で理解しづらそうなものはコチラ

1つ1つ解説していきます。
※イメージが伝わることを優先しています。ITに理解のある方は、意味が正確でないと感じるかもしれません

ソースコード

ソースコードは、
システムを動かすための命令文(コード)のことです。

この画像のようなものですね

プログラミングコードとも言います。

ソースコードには、
ログインボタンを押したらあなたのアカウントでログインするとか、
ニュースのタイトルをクリックしたら記事を出すとか、
そういった命令がたくさん書かれています。

そんなたくさんの命令が集まってできたものがシステムです。
WEBで見れるシステムやHPのことをWEBサイトやWEBサービスと言います。

オープンソース

続いてオープンソース
これは先程説明したソースコードが、無償でインターネットに公開されていて、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことを言います。

例えば、このブログはWordPressというシステムで出来ていますが、WordPressもオープンソースです。

GitHub

Githubは、先程説明したソースコードを置いておく場所です。
その場所というのはインターネット上です。
インターネット上にあるので、離れたところに開発メンバーがいても共同で作業ができるわけです。

プルリクエスト(Pull Request)

プルリクエストは、システムがもっと良くなるよう改良を提案することです。

この改良の提案は、先程紹介したGithub上で出来ます。
提案が受け入れられると、マージと言って、改良がシステムに反映されます。

ちなみにこの提案というのは、
「ここ間違っとるから直した方がいいで」ではなく、
『ここ直しといたから反映してや』という提案です。

ただ意見を言ってるだけではなく、実際にソースコードを見て修正したものを、提案しているのです。

まとめると

これらを踏まえて、ニュースをもう少しわかりやすく要約してみます。

『オープンソースのコロナ対策サイトのソースコードを、台湾のIT大臣が見て、サイトがもっと良くなるよう改良を提案した。
提案が受け入れられ、修正はサイトに反映された。』

ということです!
今回改良されたのは、「言語選択欄の漢字の修正」ということで軽微なものではありますが、
一国の大臣が、これらを(恐らく)個人の判断でお手伝いしているという事態に、皆さん感動しているのですね。

どうでしょう。
イメージできましたでしょうか?

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事