Excelで【a:b】という比率を求める方法

Excel・VBA

Excelで何対何という比率を求める方法を紹介します。

【a:b】という比率を求めるのに使う関数

使う関数は1種類!!
GCDという関数を使います。
GCDとは、最大公約数を求める関数です。

Excelのヘルプではこのように書かれています。

GCD(数値 1,数値 2,...)
数値 1,数値 2,...最大公約数を求める数値を指定します。

この関数を使って、どうやって比率を求めるのか説明します。

【a:b】という比率の求め方

このようなExcelシートを例にします。
セルB1・B2にそれぞれに、比率を求めたい2つの数値を入力しています。

そしてセルE2に、以下の式を入力します。
=B1/GCD(B1,B2) & ":" & B2/GCD(B1,B2)

これで何対何という比率が求まります。

ポイント

・数値abそれぞれを、abの最大公約数で割ると比率が求められる
・最大公約数は、Excelの【GCD】という関数を使う

比率を求めたい人とそうめんが食べたい人は参考にして下さい。

もっとおおまかな比率を求めたい場合

そのままの数値だと最大公約数が大きすぎて、比率わかりづらいことがあります。
そんなときは、ROUND関数を組み合わせると良いです。

人気投票での票数など、数が大きくて端数のある数値を例に考えてみます。

赤いきつね V.S 緑のたぬきの票数

赤いきつね:7,980,742票
緑のたぬき:11,141,241票

このまま先程の式を当てはめると・・

7980742:11141241

・・・さっぱりわからない!!

そこでROUND関数の登場。
この関数は有名なので知ってる方も多いと思いますが、四捨五入する関数です。

Excelのヘルプより

ROUND(数値, 桁数)
・数値 … 必須です。四捨五入の対象となる数値を指定します。
・桁数 … 必須です。数値を四捨五入した結果の桁数を指定します。

数が大きいので100万以下を四捨五入します。
E2に以下の式を入力します。

=ROUND(B1,-6)/GCD(ROUND(B1,-6),ROUND(B2,-6)) & ":" & ROUND(B2,-6)/GCD(ROUND(B1,-6),ROUND(B2,-6))

すると、
8:11
となり、これならわかりやすいですね。

このままだと式が長くてわかりづらい場合は、四捨五入した値を別なセルにとってみるのも良いですね。

B8には =ROUND(B1,-6)
B9には =ROUND(B2,-6)
E9には =B8/GCD(B8,B9) & ":" & B9/GCD(B8,B9)

が入力されています。
お好きな方を使ってください。

以上、「Excelで【a:b】という比率を求める方法」を紹介しました。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事