便利技

ペイント(Windows標準)で使える機能紹介

Windows標準ソフトの中でもよく使用されるソフトに「ペイント」があります。
今回はこのペイントで使える機能を紹介したいと思います。

正直ペイントで出来ることは他のソフトでも出来るんですが、何よりこのソフトは
・Windowsに最初から入ってる
・起動が早く、動作も軽い
・機能が制限されてる分わかりやすい
という利点があります!

そんなペイントを、我が家の飼い猫「テオ」の、コチラの画像を使って紹介していきます。

うーーん可愛い
(ちなみにこの切り抜きはGIMPでやりました笑)

また、画面はWindows7のペイントですが、使い方はWin8や10でもほとんど一緒です。

ソフトの起動

メニューから起動させる方法もありますが、今回はスマートに起動してみます。

「Windowsボタン」 + 「R」で「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを起動させて、「mspaint」と打ってエンター

はい、マウス操作なしでキーボードだけでスマートに起動できます。

画像の縮小

簡単に画像の縮小が出来ます。
これが縮小前の状態。100%表示で画像が全部見えてません。

[ホーム] → [サイズ変更]をクリック

サイズ変更の[単位:パーセント] → [水平方向]に縮小率を入力して[OKボタン]をクリック

[縦横比を維持する]にチェックが入っていれば、水平か垂直どちらかを入力すれば両方に同じ値が入ります。

小さくなりました

画像の回転

まずは通常の回転

[ホーム] → [回転]をクリックして、回転したい角度を選択

180度回転させてみました

次に30度回転

ペイントでの画像の回転は90度単位しか出来ないと思われがちですが、実はそんなことはありません!
好きな角度に回転できるんです………ただ、歪みますので参考程度に…

[ホーム] → [サイズ変更]をクリック

傾き(度)の[水平方向]に「30」、垂直方向に「-30」を入力して[OKボタン]をクリック

これで30度傾きます…若干歪みますけど…

赤枠で囲む、一部を黒く塗りつぶす

赤枠で囲む

この記事内でもやっているやつです。

[ホーム]の図形から「四角形」を選択、色から「赤」を選択

マウスが十字マークに変わるので、囲いたい場所をドラッグしてマウスを離します

今書いた枠線以外の場所をクリックすると確定になります。

一部を黒く塗りつぶす

[ホーム]の図形から「四角形」を選択、色1に「黒」を選択

図形から[輪郭] → [アウトラインなし]を選択

図形から[塗りつぶし] → [単色]を選択

マウスが十字マークに変わるので、囲いたい場所を右ドラッグしてマウスを離します

右ドラッグなので注意です!(色2に黒をセットした場合は左ドラッグになります)

PCの画面を保存

これこそどのソフトも出来ますが、起動が早いので私はペイントでやってます。

キーボードのプリントスクリーン(PrtScn)ボタンを押す

現在の画面がクリップボードにコピーされます
[Alt]キーを押しながら[PrtScn]ボタンを押すと、アクティブなウィンドウのみコピーされます

ペイントを起動する

この記事内の「ソフトの起動」を参照

[Ctrl] + [V]

PCの画面がペイント上に貼り付けられます

[Ctrl] + [S]


保存ダイアログが出てきます。
あとは好きな場所に保存するだけです。

ほとんどショートカットキーでいけるのです!

おわりに

この記事を読んでペイントを見直した方は是非使ってみてください!
パソコンと仲良くなれる入り口になってくれると思います♪




-便利技