【Excel】年月無視して、日にちだけで大小比較する方法

Excel・VBA

年月無視して、日付だけで大小比較する方法を紹介します。
例えば【2013/09/21】と【2018/06/11】を比較した時に、【2013/09/21】を大きいと判断する方法です。
あまり使う場面がないとは思うのですが、「これってどうやるの?」と聞かれたことがあるので、そんな誰かの役に立てるよう紹介しておきます。

また、日にちだけでなく「月だけ」「年だけ」も一緒に紹介します。
(こっちの方が使うかもしれません笑)

日だけで日付を比較

「DAY」という関数を使います。
日だけで日付を比較して、日が大きい方を表示してみます。

このような表を用意しました。

日付1:2013/09/21
日付2:2018/06/11

普通に見たら日付2の方が大きいですが、「DAY」を使って比較すると日付1が大きいという判断に出来ます。

D3に以下の式を入力します。
=IF(DAY(B3)>DAY(C3),B3,C3)

「21」と「11」が比較されるので、日付1の 2013/09/21 の方が大きくなります。

月だけで日付を比較

「MONTH」という関数を使います。
月だけで日付を比較して、月が大きい方を表示してみます。

日付1:2013/09/21
日付2:2018/06/11

こちらも普通に見たら日付2が大きいですが、「MONTH」を使うと日付1が大きくなります。

E3に以下の式を入力します。
=IF(MONTH(B3)>MONTH(C3),B3,C3)

「9」と「6」が比較されるので、日付1の 2013/09/21 の方が大きくなります。

年だけで日付を比較

「YEAR」という関数を使います。 \イェア!!/
年だけで日付を比較して、年が大きい方を表示してみます。

日付1:2013/09/21
日付2:2018/06/11

こちらは普通に比較した時と結果は変わりません、「YEAR」を使うと日付2が大きくなります。

F3に以下の式を入力します。
=IF(YEAR(B3)>YEAR(C3),B3,C3)

「2013」と「2018」が比較されるので、日付2の 2018/06/11 の方が大きくなります。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事