【Excel】重複を除いたリストを作る方法【簡単ver】

Excel・VBA

Excelで、たくさんのデータが含まれたリストの中から、重複を除いたリストを作る方法を紹介します。
例として、このようなデータが羅列されただけのリストを使います。

いくつか方法があるのですが、この記事では簡単で早い方法を2つ、次回の記事で手間のかかる方法を1つ紹介します。
何故わざわざこのようなことをするかというと、アイディア次第でどうにかなるということを知ってもらいたいのと、回り道した方が機能をいっぱい使って覚えられることが多いからです。
お時間ある方は次回の記事も見てみて下さい♪

【Excel】重複を除いたリストを作る方法【回り道ver】

方法1:Excelの重複削除機能を使う

多分これが一番早いと思います(某TAS動画を思い出した方はフラグだと思って下さい)

重複削除したいデータを範囲選択して、
リボンの[データ] → データツールの[重複の削除]をクリック

重複削除したい列を選択

今回はデータはA列だけにあり、先頭行は見出しでなくデータなのでこのまま[OK]を押します

重複が削除され、完了メッセージが表示されます

早いですね。
早いですが、この機能で注意してもらいたい点は「元データ自体が削除される」ことです。
削除されちゃまずいリストから抽出する際はご注意を。削除しても元に戻せばいいんですけどね(ショートカットキー「Ctrl」 + 「Z」)

方法2:フィルターの抽出機能を使う

これもまぁまぁ早いです。

リボンの[データ] → 並べ替えとフィルターから[詳細設定]をクリック

※リストに見出しがない場合、このようなメッセージが表示されます

フィルター機能だからでしょうか、見出しがないと警告が出ます。
(見出しとは何か……定義は不明です。Excelがこのセルは見出しなのかを判定しているのだと予想しますが、わかり次第記事にしたいと思います)

ラジオボタンの[指定した範囲]を選択
[リスト範囲]に、抽出元のデータの範囲
[抽出範囲]に、重複を除いたリストを作成する場所
[重複するレコードは無視する]にチェックを入れる
※ここで注意してもらいたいのが、必ず範囲内に見出し行を含めることです
見出し行を含めないと、データの1行目を勝手に見出し行と判断されてしまい、意図した結果になりません

このように、重複を除いたリストが、指定した[抽出範囲]に作成されます。

おわりに

例えば何かのデータ一覧からマスタ化(正規化)したい場合に、これら重複データの削除機能が使えると思います。
次回、回り道バージョンを紹介します。更新をお待ち下さい

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事