「ITリテラシーが低い人」に共通する5つの特徴

ITリテラシー

周りにこんな人いないですか?
今回は「ITリテラシーが低い人」に共通する5つの特徴について解説します。
近くにそういう人がいると、思わぬところでトラブルに巻き込まれるかも・・。また、あなた自身がトラブルを起こさないよう、行動を振り返りながら読んでみてください。

目次

スポンサードリンク


ITリテラシーが低い人・・その前にITリテラシーとは

前置きとして、ITリテラシーとは何かを先に説明しておきます。

ITリテラシーとは、パソコンやスマホを使って情報収集したり、適切に活用したり、発信したり、加工したりできる能力ということを言います。情報モラルとも言います。
インターネットが普及している現代では必須のスキルです

さきにITリテラシーとは何か、もっと詳しく知りたい方はコチラの記事をどうぞ。

これから5つの特徴をあげて解説していきます。
ただあげるだけでなく、自分がそうならないようにするにはという点も一緒に紹介します。

ITリテラシーが低い人は特徴があるということは、逆に言うとこれらの特徴に当てはまらないようすることがITリテラシーの向上に繋がるということです。それでは見ていきましょう。

1.用語の理解があいまい

Designed by Dooder / Freepik

ITリテラシーが低い人の特徴1つめは、『用語の理解があいまい』です。
上司や同僚との会話で、「それ意味わかって使ってるの?」ともやもやしながら会話したことはありませんか?理解している人からすると、意味のズレた単語がやけに目立って聞こえるものです…。

特にそういう人から仕事の指示が飛んできたら要注意。
「AI」とか「クラウド」とか、聞こえのいい言葉を使って気持ちよくなっているだけかもしれません…。「それって〇〇のことですよね?」としっかり確認をして仕事を進めましょう。

自分がそうならないようにするには

知らないワードが出てきたら検索する癖をつけることです。
IT系の用語は、横文字がかなり多く覚えづらいかもしれません。ただ何度も触れるうちに覚えていくものです。
覚えるコツも最後に紹介します。

2.「面倒」「よくわからない」を理由に便利なツールや設定から逃げる

Designed by Dooder / Freepik

特におじさん世代にあるあるだと思うんですが、せっかく便利な機能が備わっているのに、自分がよく知らないという理由で、ツールの導入を見送ったりすることありますよね。決裁権を持つ上司のITリテラシーが低いこのタイプだと苦労します。
結局その最初の面倒をしないばかりに、ずっと非効率で面倒なことをつづけている。そしてそれに気付かない、気づこうとしない特徴があります。

自分がそうならないようにするには

実際にツールや設定いじってみる、これにつきます。最近のソフトは本当に親切なので、やってみると意外に簡単ですよ!

3.検索して調べることができない

Designed by Dooder / Freepik

わからないことがあったとき、GoogleやYahooで検索すればすぐ出てくるのに、やらない人がいます。
SNSやYouTubeなど、フォローすれば情報が流れてくるのが当たり前になりました。その反面、「わからないことがあったら調べる」という習慣がない人が増えている印象です。
これだけ情報が溢れている時代なのに、情報を検索できないのは勿体ないです。

自分がそうならないようにするには

わかる人に聞けばいいと思わず、自分で調べてみましょう。確かに人に聞けば手っ取り早いですが、自分で調べることがITリテラシーの向上に繋がります。ITリテラシーとは関係ないですが、人に聞いてしまうと、聞かれた人の時間を奪うことにもなってしまいます。

4.「何もやってない」と言う人

Designed by Dooder / Freepik

パソコン操作のサポートをやられている方はよく遭遇するんじゃないでしょうか!
「なにもしてないのにパソコンが壊れた」「動かなくなった」「ボタンが出てきたから押しただけ」などなど、まるで自分は悪くないかのように言う人がいますが、十中八九操作ミスです。

でも、私も以前そうだったので、こう言ってしまう人の気持ちはわかります。
「(やったけどこの不具合の原因になるようことは)やってない」ってことなんですよね…。私もIT系の会社に入って、重要なデータを誤って消してしまったときに言ってました。サポートする側からしたら、原因を探るためにやったことをありのまま伝えてもらわないと解決できないのですが…。

自分がそうならないようにするには

もしなにか問題が起きたとして、自分の操作が原因かもなぁと思うことがあったとします。
そこで一番重要なことは、問題解決を最優先することです。もし助けてくれる人がいるなら、自分のやった操作をできる限りわかりやすく、時系列に、伝えてあげてください。

5.インターネットに繋がっているリスクを考えられない

Designed by Dooder / Freepik

最後はインターネットに繋がっているということを理解していない、です。
SNSで非常識な動画をあげて炎上する人、一緒に写ってる友人に無断で写真をあげる人、転載禁止の画像をプロフィールにしてる人、パクツイ、毎日と言っていい程見かけますがITリテラシーが低い人の特徴です。

特に企業アカウントや本名、本人画像のSNSでこれをやると気付かぬところで信用を失っています…。

自分がそうならないようにするには

インターネットに繋がっているということは、不特定多数の人があなたの情報にアクセスできるということです。その意識を持って行動しましょう。悪いことばかりではなく、うまく使えば、逆にあなたの信用はどんどん積み上がります

以上、ITリテラシーが低い人の特徴5つをあげてみました!
これに当てはまる人が近くにいたら要注意。あなたもトラブルに巻き込まれるかも…。
自分がそうならないためにも、ITリテラシーを向上させていきたいですね。

用語を覚えるコツ

最後にIT系用語を覚えるコツを紹介しておきます。
覚えるコツは、関連するワードを一緒に調べる、です。

バラバラで覚えるより、単語と単語の関連も一緒に覚えて、蜘蛛の巣のように線で繋いでいきましょう。
こちらの書籍はまさにその構成で、最近のIT用語の解説と、文例、関連する用語がセットで紹介されています。説明がわかりやすいので、エンジニアの私も説明するとき参考したりします。オススメです。

★「1ページにつき1用語」を基本にイラスト付きで解説 ★「用語に関連する話」でさらにIT知識が身につく ★違いがわかりづらい用語も解説

 

ITリテラシーを高める方法

5つの特徴に当てはまりそうだなぁと思ったら、コチラのITリテラシーを高める方法の記事もよければどうぞ。


以上、「ITリテラシーが低い人」に共通する5つの特徴を解説しました。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事