資料作成で使える!Excelで今日の日付・今の時刻を簡単に入力する方法

Excel・VBA

今日の日付・時刻をショートカットキーでカンタンに入力する方法を紹介します。

例えばこんなときに使えるショートカットキーです!

  • 進捗管理表の更新日に今日の日付をセットする
  • テスト結果の資料に、チェックした日付(今日)をセットする
  • TODOに完了日(今日)をセットする
  • サーバ室に入室した時刻をセットする

こういった入力、毎回パソコンの時計を見てわざわざ入力していませんか?
わずかではありますが、ショートカットキーを覚えて時短しましょう!入力ミスを防げますよ

今日の日付

まずは今日の日付です。今日の日付のショートカットキーは、

[Ctrl] + [;]

です。
; ←この記号は「セミコロン」と言います。

これを使うと、例えば「2020/05/12」という日付の値そのものが入ります。
今日の日付を出す関数に TODAY関数 がありますが、この関数を使うとそのExcelファイルを開いた時の日付に変わってしまうため、完了日付では使えません。

今の時刻

次の今の時刻です。今の時刻のショートカットキーは、

[Ctrl] + [:]

です。
: ←この記号は「コロン」と言います。

こちらも、例えば「14:50」という時刻の値そのものが入ります。
時刻の表示にはコロン(:)が使われるので、ショートカットキーもそれと同じキーを押せばよいので覚えやすいですね。
逆に日付のショートカットキーは、「コロンじゃない方(;)が日付」とでも覚えておきましょう笑

まとめ

  • 今日の日付は[Ctrl] + [;]
  • 今の時刻は[Ctrl] + [:]
  • キーの覚え方は、「時刻はコロン」「日付はコロンじゃない方」

簡単で覚えやすいので、ぜひ使ってみて下さい。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事