ネットショッピングでメールアドレスや住所の入力が楽になる便利技

便利技

Photo by Sergi Kabrera on Unsplash

メールアドレスや長い住所をカンタンに入力する方法を紹介します!
例えばこんなときです。

  • ネットショップのアカウント新規作成
  • WEBの問い合わせフォーム
  • メールアドレスを誰かに教える時
  • SNS

こんなとき、長い文章を毎回打ち込んでいないですか?
もっとカンタンに、楽に打てる方法です。

使うソフト

使うものは、google日本語入力です。
これはIMEという、文字入力の変換をサポートするツールです。このツールの辞書機能を使います。

google日本語入力は、googleの検索結果を利用した変換機能が非常に強力で便利です。
例えば漫画やアニメのキャラ名や作品名、英単語なんかも変換できちゃいます。

ダウンロードはコチラからできます。
google日本語入力

Google日本語入力の設定方法

インストールが完了したら↓の手順で進めていきます。

言語バーか、タスクバー(画面下側の帯)にレンチのマークがあると思うので、そこをクリック。
出てきたメニューから、「辞書ツール」をクリックします。
07161

もしWindows10を使っている方で言語バーが出ていなかったら、コチラの記事を参考に言語バーを復活させましょう

左上の「管理」から、「辞書を作成」をクリック
07162

辞書名を入力します。ここでは「メールアドレス」として、「OK」をクリックします。
もし住所や長文を登録する場合は、お好みの辞書名を入力してください。
07163

「よみ」の部分をダブルクリックすると文字を入力出来るようになるので、「めーる」とひらがなで打ちます。ここも好みでいいんですが、入力しやすくてわかりやすい文字にしましょう。ここで入力したかなを、呼び出すときに打ち込みます。
07164

同様に、「単語」の部分もダブルクリックして、「めーる」と打ったときに呼び出したいメールアドレスを入力します。

これで登録完了です。

使用方法

あとは、メールアドレスを入力する場面がきたら、先程登録した「よみ」を入力して[SPACE]キーを押して変換候補を出せば、登録したメールアドレスが出てきます。
07165

スマホでも辞書機能さえあれば同じことができます。

まとめ

  • Google日本語入力をインストール
  • 辞書ツールにメールアドレスを登録する
  • 読みがなを「めーる」など簡単な言葉で登録する
  • 「めーる」と打って変換すると、登録したメールアドレスが出る

便利なので使ってみてください♪
以上、『ネットショッピングでメールアドレスや住所の入力が楽になる便利技』を紹介しました。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事