便利技

WEBブラウジングで使える便利技【ログインメールアドレス編】

シリーズ化するかはわかりませんが、今回は【ログインメールアドレス編】としました。

ブラウジングしててメールアドレスの入力を面倒くさいと思ったことはありませんか?

SNSやショッピングサイトのアカウント新規作成時や、WEBの問い合わせフォームでは、メールアドレスの入力が必要な時が多いです。
またブラウジング以外でも、メールアドレスを誰かに教える時も、わざわざ打つのは面倒だし間違ったら届かないしイヤですよね。

使うもの

・辞書ツール(IMEに付属機能になってるもの)

Windowsに標準でインストールされている辞書ツールもありますが、管理人の環境では、登録した単語が消えたり登録出来なかったりがありました。
なので管理人は「google日本語入力」を使っています。

google日本語入力は、googleの検索結果を利用した変換機能が非常に強力で便利です。
この辺は別記事で書きたいと思います。

インストールはコチラから
google日本語入力

設定方法

辞書ツールは色々あるので、今回設定画面としてはgoogle日本語入力のものだけ貼りたいと思います。

言語バーか、タスクバー(画面下側の帯)にレンチのマークがあると思うので、そこをクリック。
出てきたメニューから、「辞書ツール」をクリックします。
07161

左上の「管理」から、「辞書を作成」をクリック
07162

辞書名を入力。ここでは「メールアドレス」として、「OK」をクリックします
辞書名は好みで構いません。
07163

「よみ」の部分をダブルクリックすると文字を入力出来るようになるので、「めーる」とひらがなで打ちます。ここも好みでいいですが、入力しやすい読みがながいいでしょう。
「単語」の部分もダブルクリックして、登録したいメールアドレスを入力します。
07164

これで登録完了です。OKボタン等はありません。

使用方法

あとは、メールアドレスを入力する場面で、先程登録した「よみ」を入力して[SPACE]キーを押して変換候補を出せば、登録したメールアドレスが出てきます。
07165

まとめ

・辞書ツールにメールアドレスを登録する
・「めーる」など簡単な読みがなで登録する
・「めーる」と打って変換すると、登録したメールアドレスが出る

ログイン時はメールアドレスとセットでパスワードを入力すると思いますが、パスワードをこの方法で出るようにするのはセキュリティ上オススメしません。
パスワードの管理をどこでするかも、別な記事で書きたいと思います。

-便利技