【Excel】ファイルに鍵(パスワード)をかける方法

Excel・VBA

Excelファイルに鍵をかけて、パスワードを知っている人だけ開いたり編集したりする方法を紹介します。
読み取り書き込み、2種類のパスワードをかけることが出来ます。

この2つを使い分ければ、
・権限の無い人に見られたくない
・Aさんは編集も見るのも自由にしていい、Bさんは見てもいいけど編集はさせたくない
といった対応が出来ます

パスワードをかける手順

1.[ファイル]をクリック

2.[名前を付けて保存] → [参照]をクリック

(参照以外でも保存ダイアログボックスが開けばOK)

3.[ツール] → [全般オプション]をクリック

ここから分岐します

・(A)読み取りパスワード
・(B)書き込みパスワード

(A)読み取りパスワード

4-A.読み取りパスワードを設定する

5-A.パスワードを再度入力する

確認としてもう一度入力を求められます。

6-A.保存する

パスワードをかけるオプションの設定が完了したので、後は保存するだけです。

7-A.ファイルを開いてみる

開こうとするとパスワードを求められて開けません。


読み取りパスワードを設定すると、
パスワードを
知っている人:ファイルの編集が出来る(編集が出来るので見ることも勿論できる)
知らない人 :ファイルを開けない(開けないので編集もできない)

(B)書き込みパスワード

4-B.書き込みパスワードを設定する

5-B.パスワードを再度入力する

確認としてもう一度入力を求められます。

6-B.保存する

パスワードをかけるオプションの設定が完了したので、後は保存するだけです。

7-B.ファイルを開いてみる

開こうとするとパスワードを求められて編集できません。
ただし、読み取り専用であればファイルを開けます。

もし読み取りもさせたくなければ、4-B.書き込みパスワードを設定するの画面で設定してください。


書き込みパスワードを設定すると、
パスワードを
知っている人:ファイルの編集が出来る(編集が出来るので見ることも勿論できる)
知らない人 :ファイルの編集は出来ないが、読み取り専用でなら見れる
※書き込みパスワードだけだと、編集出来なくても中を見ることは出来る点に注意してください。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事