何故エクセルは嫌われるのか、考えてみた

Excel・VBA

最初に言っておくと私は好きです!!

よく聞きますけど、何故嫌われるのか考えてみました。

まずエクセルの良いと思うところは、
環境を作るのが簡単でビジネス用のパソコンに大体入っていて、汎用性が高く、問題解決の手段として優秀なところです。

要は何かツールが必要になった時に『手っ取り早い』んですね。

で、この良い点である理由の汎用性が高くて『手っ取り早い』ところ、

言い換えればこれは『とりあえずでも動く状態が簡単に作れる』ということで、これが嫌われる原因になっていると考えています。

この状態のエクセルファイルが乱立すると、"とりあえず動く"の寄せ集めでデータを管理することになり、
そのエクセルを作った人以外が使おうと思った時や引き継ぎの時に苦労します。

また、誰でも使えて汎用性が高いということは、
同じようなものを別な人が作った時に、全然違ったものが出来上がってしまう
=関連性・保守性が低いとも言えます。

仕様書を作るSEによって全然フォーマットが違うとかですね。

エンジニア目線でも考えてみます。

システムを組むまででもない or 組むには非定形業務が多すぎる作業を、エンジニアでない人が作ったExcelで回してるようなところで、そろそろ管理が限界なのでシステム屋にちゃんとしたの作ってくれと頼んだ場合。

システム屋は、そのExcelを元にシステムを組むのですが、Excelは数値セルに文字打つことも出来ますし逆も勿論出来るので、入ってくるデータがめちゃくちゃなことが多いのです。
それを整形したり正しいデータに打ち直したり変換したりな作業が非常に面倒で、結果エンジニアもExcel嫌いに繋がるんじゃないかと考えています。

私もExcel自体は好きですけど、そういうExcelのコンバート作業で痛い目見てきたことはあるので気持ちはわかります。
一意になるはずの番号がダブっていたり、金額を打つべきところに日本語のメモが入っていたり、事前にもらったエクセルと本番稼働前にもう一度もらったエクセルでレイアウトが変わっていたり・・・苦労しました(遠い目)

以上が嫌われる原因じゃないかなと思う部分です。
う~ん便利なのに悲しいですね。

これを解決するには、
エクセルを使う方のITリテラシーを高めること、エクセル自体の機能をもっと知ってもらうことでしょうか。

これをフォローする記事も今後書いていきたいですね。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事