【Excel】相対参照・絶対参照をF4キーで切り替える

Excel・VBA

Excelで絶対参照・相対参照を「F4キー」で簡単に切り替えることが出来ます。
IFなどの関数で、参照するセルを指定する時にF4キーを押すとドルマーク($)をわざわざ打たなくても 絶対⇔相対 を切り替えることが出来ます。

簡単に、絶対参照・相対参照とは…
絶対参照とは、ドルマークがついている参照です
例:「$A$1」「$A1」「A$1」「$A$1:$B$5」などです

相対参照とは、ドルマークがついていない参照です
例:「A1」「A1:B5」

※絶対参照・相対参照の使い分けについてはここでは説明しません

F4キーを押した時の挙動

実際の挙動を見てみましょう。
COUNTIF関数で、合計する範囲を指定した後、F4キーを連続で押した時の動画です。

B2:B6 → $B$2:$B$6 → B$2:B$6 → $B2:$B6 → B2:B6(最初に戻る)
と変わっていくのがわかると思います。

わざわざドルマークを入力しなくても、F4キーだけで切り替えが可能になります。
アルファベットや数字の前にカーソルを移動させる必要がないので、
入力ミスも防げますし作業の効率化に繋がります。

おまけ

F4キーは実は、セルに入力中以外は「前と同じ操作を繰り返す」という機能になります。
これはまた別の記事で紹介します。

是非、F4キーを使って快適なExcelライフを!

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事