タッチタイピングの練習方法を紹介します(ブラインドタッチ)

便利技

タッチタイピング(ブラインドタッチ)」は、パソコンを使うとき出来たらゼッタイ便利なスキルです!この記事では、そのタッチタイピングを練習する方法を紹介していきます。

タッチタイピング(ブラインドタッチ)とは、キーボードを見ずに入力することを言います。
手元を見ずに入力出来るので、仕事の能率がアップします。例えば、紙の文章をデータに起こす時無駄に何度も手元を見なくて済みますし、頭の中にある文章を打つ時でも、思いついた言葉をすぐに入力出来れば打とうとした言葉を忘れることも無いです(筆者は打ってる途中でよく忘れてました!)

パソコンを使う上で修得したいスキルはたくさんありますが、その中でもタッチタイピングはそれほど難しくないので、ぜひ今回紹介する方法で練習して、修得していってください!

目次

スポンサードリンク


タッチタイピング練習Step.1 名前を打つ

まずは自分の名前を見ないで打ってみましょう。
ネットをしていると自分の名前を入力する機会は非常に多いです。その機会を活かしましょう♪

何の指でどのキーを押すか、ということはとりあえず気にしなくていいです。名前のキーがどこにあるのか、何度も打ち込んで場所を覚えます。

簡単かもしれませんが、まずは自分の名前を打てるようになって、達成感を味わって下さい。

これだけでも見ずに打てるようになると、名前を入力するのもきっと楽しくなります!(効果には個人差があります笑)
出来たら思う存分、ドヤってエンターキーを強めに叩いて下さい。\タッーン!/

タッチタイピング練習Step.2 ホームポジションを覚える

続いて「ホームポジション」を覚えましょう。。
ホームポジションとは、タッチタイピングをするときの指のスタート位置です。位置を画像で表しました。

左手-人差指「F」 右手-人差指「J」
左手-中指 「D」 右手-中指 「K」
左手-薬指 「S」 右手-薬指 「L」
左手-小指 「A」 右手-小指 「;」

です。
目印は「F」と「J」の突起です。突起に人差し指を置きます。他の指はそれに合わせて置きます。

何か打ち込むたびにホームポジションから離れてしまうかもしれませんが、打ち終わったらホームに戻ってきてください。
指が迷子になりません。まさにホーム!

最終的には無意識に指が戻ってくるようになります。オカエリ

タッチタイピング練習Step.3 ゲームで覚える

ホームポジションを覚えたら、後はひたすら打ち込むのみです!
これから紹介するゲームやツールをやってみて、暇な時間にやってみてください。

寿司打

寿司打

寿司打はタイピングの有名なゲームです。WEBブラウザ上でできるのでお手軽です。
レベルが「お手軽・お勧め・高級」と3段階あります。まずは「お手軽」からやってみましょう。

たくさん打ち込めると、「〇〇円分お得でした!」という風にいくら得したか出るので、達成感がありますよ♪

MIKAタイプ

MIKAタイプ
MIKAタイプはダウンロードが必要ですが、こちらもタイミング練習に良いツールです。
ホームポジションを覚えるなら「1.ポジション練習」、ある程度慣れてきたら「4.ローマ字練習」がおすすめ。「1.ポジション練習」は制限時間がないためじっくり出来るのがいいところです!

P検 無料タイピング練習

P検 無料タイピング練習
資格試験の「P検」が運営しているタイピング練習です。こちらはWEBブラウザだけでできます。
こちらもホームポジションの練習ができますよ。

3つどれも休憩中とかにやってみるといいかもしれませんね。
ずっとカタカタとキーボードを打っている人がいて、「何をそんなに熱心に打ってるんだろう…」と画面を見たら、実はタイピングゲームだった!というのは社会人あるあるな話じゃないでしょうか。

ネットゲーム

最後にネットゲームです。ネットゲームは、チャットでコミュニケーションをとりながらゲームを進めるのが基本です。タイピングが遅いとゲームの進行にも影響するので、嫌でも覚えます笑
パーティで敵を倒しながらチャットで話そうと思ったら、タッチタイピングが出来ないとなかなか話せないですからね!私の周りでは何人もネットゲームからタッチタイピングを覚えたという人がいます。

ネットゲームの中でもMMORPGというジャンルがオススメです。

まとめ

  • 最初は名前をタッチタイピングできるようにする
  • ホームポジションを覚える
  • ゲームやツール、ネットゲームでさらにレベルアップ!

最初は見ないで打つと間違うので、消して打ってを繰り返すのは煩わしいかもしれませんが、徐々に手元を見る回数を減らしていきましょう。
これが出来ればもっとパソコンと仲良くなれるはずです。

以上、タッチタイピング(ブラインドタッチ)の練習方法を紹介しました!

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事