在宅ワークで使える!座椅子・床で作業したい方向けのローデスクをレビュー

ガジェット

突然の在宅ワークで、

・机より座椅子で作業したい
・自室がなく、リビングで作業せざるを得ない
・作業デスクを置くスペースが用意できない

こんな方向けのローデスクを購入したので、紹介していきます。
3E(スリーイー)の「3E-DESKST5 木目調」というローデスクです。

ちなみに私は、アスキーさんのコチラのTweetをちょうど見かけて買ってみました。
(※2020年5月現在、コチラの商品は品切れ中のようです;)

目次

1.在宅ワークで使えるローデスク 良かったところ

まずは良かったところから紹介します。

折り畳みできる

脚を内側に折り畳むことが出来ます。
折りたたんでも幅は60cm。厚さは5.2cm

Mac book Pro 15インチと並べるとこんな感じ。

この状態なら立て掛けて置いてもいいですし、クローゼットにしまっても場所をとりません。

角度をつけられる

背もたれに寄りかかった状態で作業する時、角度をつけられると見やすくなりますよね。反射でディスプレイが見づらい時にも良い機能です。
角度は0度/12度/24度/36度で調整できます。

ノートを置いて36度まで傾けた状態。(写り込んでしまった猫は気にせずに)

ストッパーが取れる

傾けたときにデスクの上に置いた物が落ちないようストッパーがついています。ただこれ、水平にした時には手首に当たって邪魔です。
そんなときにも対応できるよう、ストッパーは取り外し可能になっています。

ストッパー取り外し前

ストッパー取り外し後

軽い・取り回しやすい

重量は1.9kgとなっています。これに加えて取っ手がついてるので、非常に取り回ししやすいです。

ちょうどいい幅

幅60cm若干狭く感じるかもしれませんが、パソコン・マウス・ケータイ置いたらあとわずかなスペースしか残らないため、逆に余計なの置けないのがいいと感じます。

個人的に良かったところ

最後に個人的に良かったところを紹介します。
私は今まで、作業するとなったときに、膝の上にノートパソコンを置いて作業していました。

それがこのローデスクを置いて作業するようになったことで、「よし、作業するか」と思考を切り替えやすくなりました。作業するときは作業して、休むときは休む。メリハリは大事ですよね。

2.在宅ワークで使えるローデスク 惜しいところ

惜しいところもしっかり伝えておきます。

少しグラグラする

キーボードをタイピングする時はそれほど気にならないのですが、ペンで字を書いたりすると 手前⇔奥の揺れ が少し気になるかもしれません。

私は基本ノートパソコンを置いて作業するので、そこまで気にならないですが、字を書く方はちょっと注意が必要です。

最大の高さがもう少し欲しい

それじゃあハイデスクだろ!!

というツッコミが来そうですが、ローデスクながも最大の高さはもう5cmくらい欲しいなぁと思う高さでした。

3.おわりに

以上、使ってみての感想でした。
惜しいところもありましたが、この値段でこの機能なので、買って良かったし人にオススメ出来る商品でした★

・机より座椅子で作業したい
・自室がなく、リビングで作業せざるを得ない
・作業デスクを置くスペースが用意できない

こんな方にオススメです!

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事