LINEの友達追加をURLで送る方法!やり方解説(2020年5月時点)

iPhone

LINEはケータイのアドレス帳データを読み込んで、自動で友達追加される機能があります。
でも中には「勝手に追加されたら困る!」っていう人もいますよね。

そこで友達追加をURLで送る方法を紹介します。

この方法を使えば、登録したい人にだけURLを送って友達追加してもらうことができます。URLをメールやTwitterのDMで送れば会う必要もないです。最後にURLをカンタンに送る方法も紹介します♪

※筆者のケータイがiPhoneなので、iPhoneの画面で説明します。Androidでも同じやり方が出来ると思いますが、画面イメージが違うかもしれません

スポンサードリンク


LINEの友達追加をURLで送る方法

画像付きで手順を紹介します。

ホームタブの右上[友だち追加]アイコンをタップ

[QRコード]をタップ

[マイQRコード]をタップ

真ん中の[↑]マークをタップ

[他のアプリ]をタップ

[コピー]をタップ

コピーをタップすると、クリップボードに貼り付けられます。

完了!貼り付けて送ろう

これでクリップボードにURLコピーされた状態なので、メールやTwitterのDMで、文字入力するところを長押し→[貼り付け]でURLが出てきます。
これを送信して、友達追加してもらいましょう♪

友達追加URLをもっとカンタンに送る

毎回いまの手順でURLの出すのは面倒ですよね。1回だけさっきの作業をやれば、後はカンタンにいつでもこのURLを呼び出す方法があります。

その方法は、単語登録です。
単語登録は、よく使うけど変換でなかなか出ない単語を登録して、文字変換をしやすくする機能です。最初からスマホに入ってる機能なので、インストール不要です。

iPhoneであれば、「設定」→「一般」→「キーボード」→「ユーザ辞書」→右上の「+」ボタンで追加することが出来ます。

画像で手順を紹介しておきます。(iOSのバージョンが13.3.1の画面です)

設定から[一般]をタップ

[キーボード]をタップ

[ユーザ辞書]をタップ

右上の[+]をタップ

さっきコピーしたURLを[単語]に貼り付け、よみは「らいん」で登録

よみはなんでもいいですけど、「らいん」なら思い出しやすいですね!

以上、LINEの友達追加をURLで送る方法を紹介しました!

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事