プログラミング教材の有料無料のメリット・デメリット

IT

これからプログラミングを勉強しようとしている方で、
・続くかわからないのに、いきなりお金を出すのはちょっと怖い
・検索すれば大体のことは情報があるので有料は不要
・有料を買ったけど役に立たなかった経験がある
・無料のものは信頼できない

と考えている方に向けて書いた記事です。
これを読むと有料無料それぞれの使い所を理解して、今のあなたに合った選択ができるようになります
純粋にメリット・・デメリットを見たい方もどうぞ。

[補足]有料無料の定義
無料:お金かからない、Qiita、teratail、ブログ記事、Google等の検索エンジン、無料の体系化された記事など
有料:お金かかる、書籍、有料note、有料スクールの教材、udemy、Techpitなど

目次

無料のメリット・デメリット

メリット

  • 無料なこと
  • 知りたいことをピンポイントに探せる
  • 広く浅い

まずは無料なことですね笑
お金をかけずに始められるので、心理的なハードルが低く、始めやすいメリットがあります。

知りたいことをピンポイントに探しやすいというのもあります。
エラー文でググってみると、同じエラーで悩んでいた方の記事がヒットするのは本当に助かりますよね。
有料教材は買わないと見れないため(アウトラインは見れるものもありますが)検索では出てきませんし、今起きてるエラーの原因を探すといった場面には適してません。

また、広くというかほぼ無限に情報があるので、たくさんの情報の中から最初の選択肢を絞る時は便利ですね。
例えば何かIT系のスキルを身に付けたいと考えたときに、何がオススメかまずはGoogleで検索してみるとかですね。

デメリット

  • やめやすい
  • 記憶に残りづらい
  • 体系化されていない

始めやすいということは、やめやすいということです。
無料で始めたし、損するものはないと感じて、簡単に投げ出してしまいがちです。

また、記憶に残りづらいです
私は以前なんでも無料でやる派だったのですが、無料で学んだものは次やる時には大体忘れていたりします。
プログラマーあるあるだと思うのですが、エラーに遭遇した時に、「あ、これ前も調べたやつだ」とネガティブ方向の進研ゼミ現象みたいなことが起こります。

体系化されていないのも無料教材のデメリットです。
特に初心者のうちは、Bを理解するためのAの知識がないといったことがよく起こるので、体系化されていて全部セットみたいなものの方がオススメです。
勿論キレイに体系化されているものもありますが、『コアな部分は有料コンテンツへ』といったパターンが多いと思います。

無料のものは結局のところ、長い目で見たときにコストがかかってしまうんですね
教材探すのも時間かかりますからね。

有料のメリット・デメリット

メリット

  • 体系化されている・作り込まれている
  • アフターフォローがついてくる
  • やめづらい(最後まで取り組みやすい)

無料のデメリットに反して、有料教材は体系化されていてわかりやすいものが多いです。
お金を出して買ってもらうということは、販売する側は売るために良いモノを作ろうとします
何度も加筆修正して、作りこまれています。

また有料なものはアフターフォローがついてくるものも多いです。
購入者特典として、クローズドチャットで相談し放題や他の教材を安く買えるクーポンがついていたりします。

そしてお金を払ったということで、買った側も本気になりやすいです。
お金を払ったのだから、値段以上に使ってやろうと考えるということです。

有料サービスについて、メリット・デメリットなどをコチラの記事でまとめているので、よければ見てみてください。


デメリット

  • お金がかかる
  • 勉強マニアになりやすい
  • 悪徳商法に当たることがある

デメリットはお金がかかることです。
お金をかけても、スキルをつけて稼ぐことができれば後から回収できるので、ほんとにお金だけにフォーカスしたデメリットです。

私もしばらくは無料のものしか使わない派だったので、お金がかかることがハードルになる気持ちはよくわかります。
(結局、後からあの時お金払っていたらなぁと後悔してます..)

また勉強マニアにならないように。
課題をクリアする感覚が気持ちよくて、勉強することが目的になっているパターンは注意です。
これは教材の出来が良いからこそだと思うのですが、、。
何かを学んだときは是非、手を動かして何かを作ってみたり、ブログで発信したりすることをオススメします

最後に悪徳商法には十分注意してください
まだ知識のない初心者を狙って、高額のものを売りつけてくる可能性があります。

見分け方ですが、繁華街のキャッチと一緒で、あっちから寄ってくるものは一度疑ってみた方がよいです。
販売ページで教材の中身について書いていないもの、値段が書いてないもの、「これを買ったらあなたはどれだけ幸せか」ばかり推してくるものは注意ですね。

総評

まとめると

有料が良いとき
1つの知識を深めたい時、体系化されたもので学びたい時、信頼性のあるもので学びたい時、時間を有効に使いたい時、しっかり取り組みたい時

無料が良いとき
エラーの解決、とりあえず試してみたい時、たくさんの選択肢の中から絞る時

ということで、
無料でまずは情報収集して、有料で知識を深めて継続して、部分の足りないところを検索で補うっていう折衷案が最強。

…と言いたいところだけど!
最初は何が足りないとか何がいいかは判断できないので、やっぱり有料のある程度まとまったものを買って勉強した方が挫折も少ないし基礎を固められると思います。
私はこんな意見です。

最初に上げたリストにも解答しておきます。
・続くかわからないのに、いきなりお金を出すのはちょっと怖い
→逆説的だけどお金を払うから続けられるというのもある。まずは安価なものか試してみては。

・検索すれば大体のことは情報があるので有料は不要
→せやな。まとまった知識が欲しい時に使ったらいいと思う

・有料を買ったけど役に立たなかった経験がある
→目的に合ってなかったのかも。まずは「何について学ぶか」考えてみよう

・無料のものは信頼できない
→作者が誰で何をしている人なのかも、まずは中身と一緒に見てみるといいかも

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事