IT業界への転職の前に、業界の分類と必要なスキル・知識を知っておこう

キャリア

「IT業界に転職したい…でもどんな知識がいるんだろ?資格とかいるの?」

 

そんな疑問に回答します。
コロナの影響で、リモートのしやすいIT業界への転職希望者が増えているように感じます。そこで、転職の前に業界の分類と必要な知識について解説します。

私はIT業界でエンジニアを10年でやっているほか、エンジニアの多く所属するオンラインサロンに所属しています。そこで得た経験と情報を元に話していきます。

目次

IT業界への転職の前に、会社の分類を知ろう

一般社団法人情報サービス産業協会(JISA)の「わが国の情報サービス産業 2014」という資料では、以下の4つに分けられていました。(※他のサイトやブログでも大体この4つに分かれていて、情報のソースは載ってませんがこの資料から来ているのかも・・?)

『わが国の情報サービス産業 2014』より引用

  • インターネット付随サービス
  • ソフトウェア
  • 情報通信ネットワーク
  • ハードウェア

1つ1つ解説していきます。

インターネット付随サービス

インターネットを通じて、情報の提供やサーバ等の機能を利用させるサービスを提供する企業です。

TwitterやYouTubeなどで「エンジニア」と発信している人がいたら、主にこの分類のITエンジニアのことです。「Web系」とも言われます。米国の巨大IT4社をGAFAと言いますが、このうちグーグル、アマゾン、フェイスブックの3社はインターネット付随サービスですね。
日本でいえば、などです。

技術の進化が早い領域です。求人数も多く、IT未経験から一番目指しやすいと思います。

企業の例

グーグル、アマゾン、フェイスブック、楽天、クックパッド、DeNAなど

ソフトウェア

電子計算機等のプログラム、ソフトウェアの作成及びその作成に関して、調査、分析、助言などを行う企業(システムインテグレーションを含む)です。toB用の専用ソフトを作る企業もあれば、パッケージソフトとして家電量販店などでも販売するtoC用のソフトを作る企業もあります。

「SIer(エスアイアー)」とも言います。さきほど紹介したWeb系とよく比較されるのがこのSIerです。私の感覚では、10年前くらいならIT業界といったらこの分野でした。こちらも求人数も多くて、IT未経験から目指しやすいと思います。

企業の例

Microsoft、トレンドマイクロ、TIS、オラクル、オービックなど

情報通信ネットワーク

インターネットサービスプロバイダや固定/移動電話会社など、通信する手段を提供する事業です。MVNOの普及や、近年では5Gで注目されています。ネットワークエンジニアと呼ばれる職種が活躍する企業です。

代表的な企業
NTT、KDDI、ソフトバンク、インターネットイニシアティブ(IIJ)、UQコミュニケーションズなど。

ハードウェア

パソコン本体や周辺機器(ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンター、CPU)、スマートフォン本体などを販売する企業です。近年ではIoTやロボット、ドローン、3Dプリンターで注目されています。

企業の例

富士通、NEC、東芝、日立、パナソニックなど

IT業界への転職で、必要な知識は何か。資格は必要か?

さきに結論を言っておくと、必要な知識はおおまかに以下の3つです。

  1. ITの基礎的な知識
  2. パソコンの使い方
  3. インターネット使い方

さきほど挙げたどの分野を目指すにしても、あった方がいいと思います。
こういったITを扱う上で必要な知識を総称して『ITリテラシー』と言います。このITリテラシーを高める方法は、コチラの記事でまとめています。

この3つの知識の必要なレベルは、職種によって違います。
営業・コンサルタントは、要求レベルは
マネジメントは、要求レベルは
エンジニアは、要求レベルは
です。(悲しいことに大抵の会社では、給料はこの逆順です。)

資格は必要か

これについては、『資格あった方がいいけど無くてもいい』です。IT系の資格は、行政書士や会計士みたいに業務独占資格ではないので、資格ナシでも仕事はできます。
ただ、仮に取ったとしたら、転職に有利にはなるとは思います。IT未経験の場合は特に。

もし取得するときは、資格取得をゴールにしないように注意していただきたいです。それよりも、ポートフォリオを作って見せた方が有利ですし、面接でのネタにもなります。
取り組み方は、「転職を成功させるために資格をとる」ではなくて、「(さきほどあげた)3つの知識、これを学習するのに資格を利用する」という目的で取り組むことをオススメします。

IT業界の今後の動向

最後にIT業界の今後の動向についてです。

経済産業省の「IT人材需給に関する調査」によると、2030年には約79万人の人材が不足する試算結果が出ています。(IT関連市場の伸びが3〜9%の場合です。2〜5%なら45万人不足)

経済産業省『IT人材需給に関する調査』より引用

ということで、ITは今後も人材不足で需要が高まってきます。またコロナレベルの感染症がいずれ起こるかどうかはわかりませんが、日本は地震災害も多いですし、仮に出社できなかったりオフラインの対面販売や会社に行かないと仕事ができないのはリスクです。

こういった背景から、業界としては伸びるのに人が足りていないので、未経験者にとってチャンスということですね。
(コロナ騒動で、余計にIT業界を目指す人が増えそうなので、供給人材も増えてきそうではありますね。)

IT業界への転職で使えるサービス

IT業界への転職で使えるサービスは、コチラの記事でまとめています。

まとめ

  • IT業界には、インターネット付随サービス・ソフトウェア・情報通信ネットワーク・ハードウェアの4つに分類できる
  • ITリテラシーはIT業界ならどの企業でも役に立つ
  • IT業界は今後も需要が高まり、人材不足

です。
希望のIT企業に転職できるようがんばっていきましょうb

このブログでは、ITリテラシーについてまとめているので、もし気になったらこちらのまとめ記事も見てみてください。

スポンサードリンク

ITリテラシー・プログラミングのまとめ記事